タイパ・ハウス・ミュージアム(龍環葡韻住宅式博物館/The Taipa Houses Museum)

シェアする

マカオ八景の一つとして知られ5つの家屋からなるタイパ・ハウスは、ポルトガル建築の優雅な雰囲気を表しています。

1912年に建てられた建物は政府により博物館に改装され、1999年に「タイパ・ハウス・ミュージアム」となりました。

2016年には、「マカエンセの生活ミュージアム」「展示ギャラリー」「クリエイティブ・カーザ」「ノスタルジック・ハウス」「レセプション・ハウス」の5つの家屋に再構築されました。

野外公演やレジャーの要素を取り入れ、文化と創造性を組み合わせたものに生まれ変わり、ポルトガル文化だけでなく、世界中の文化を紹介する場所となりました。

360°カメラでタイパ・ハウス・ミュージアム周辺を見てみよう!

DATA

The Taipa Houses Museum

営業時間:10:00~19:00(最終入館18:30) ※月曜休館
料金  :無料
バス停 :11, 15, 22, 28A, 30, 33, 34
Web  :http://www.icm.gov.mo/en/housesmuseum
地図  :

スポンサーリンク
広告 336×280




広告 336×280




シェアする

スポンサーリンク
広告 336×280