鄭家屋敷(鄭家大屋/The Mandarin’s House) – マカオ世界遺産

鄭家屋敷は孫文や毛沢東に影響を与えたとされる中国近代の思想家また文豪である鄭觀應の屋敷として1881年に建てられました。

円形の入口、灰色のレンガ、真珠貝を埋め込んだ窓枠に中国式の格子窓など西洋と中国が入り混じった初期のマカオの中国建築です。

 

 

スポンサードリンク

DATA

The Mandarin’s House

営業時間:10:00~18:00
バス停 :18, 28B
地図  :

ホテル予約はBooking.comがオススメ


現地のホテル予約はBooking.comが便利でした。予約はスマートフォンからも可能で、現地では予約完了画面を見せるだけで宿泊ができました。英語が苦手な方でも問題なく宿泊予約が可能です。

▶︎ブッキングドットコム公式サイト
スポンサードリンク

Facebookでコメント