鄭家屋敷(鄭家大屋/The Mandarin’s House) – マカオ世界遺産

シェアする

鄭家屋敷は孫文や毛沢東に影響を与えたとされる中国近代の思想家また文豪である鄭觀應の屋敷として1881年に建てられました。

円形の入口、灰色のレンガ、真珠貝を埋め込んだ窓枠に中国式の格子窓など西洋と中国が入り混じった初期のマカオの中国建築です。

DATA

The Mandarin’s House

営業時間:10:00~18:00
バス停 :18, 28B
地図  :

スポンサーリンク
広告 336×280




広告 336×280




シェアする

スポンサーリンク
広告 336×280