知っておくとマカオ旅行がグッと楽しみになる!おすすめポイント8選!

香港・マカオ旅行をご検討中のみなさん。
いや、「香港旅行に行くついでにマカオにも寄ってみよう」とお考えのみなさん。

そもそもマカオという国自体、初めて聞いたという方もおられるかと思います。
まだまだ認知度の低い国だということはわかります、わかりますが、決してなめてはいけません!

もちろん香港はとても良いところです。おしゃれで魅力的な観光地がある・食事がおいしい・日本から近くて行きやすいということで筆者も大好きです。

しかしマカオも負けてはいません!旅の重大要素「観光」「ホテル」「グルメ」そして「インスタ映え」において、マカオはアジアでも圧倒的なパワーを持った国です!

今回は、事前にこれだけは押さえておきたい!というおすすめポイントを8つご紹介します。

これを読むと、マカオ旅行がグッと楽しみになるはずです!!!

 

スポンサードリンク

ポイントその1:全部で30ヶ所もある!?マカオは世界遺産の国です!

なんと、マカオには世界遺産が30ヶ所もあります!
なので「代表的な世界遺産=観光地」という感じでもあります。
30ヶ所全部見て回っても良いとは思いますが、時間があまりない方は特に有名な建物だけ見に行くと良いと思います!

世界遺産がある場所は、マカオ半島側です。
セナド広場を中心として、歩いて回れる距離に30の世界遺産が密集しています。
※1ヶ所(ギア要塞)だけは少し離れたところにあります。

マカオの地理を把握したいという方はこちらをご覧ください。
▶︎コンパクトで観光しやすい!マカオの地理について。

有名な世界遺産を5つご紹介します!

観光におすすめの世界遺産

  1. 聖ポール天主堂跡
  2. セナド広場
  3. 聖ドミニコ教会
  4. モンテの砦
  5. 媽閣廟(マーコミュウ)

1.聖ポール天主堂跡

聖ポール天主堂跡はマカオの世界遺産の中で最も有名といっても良い人気のスポットです。

 

2.セナド広場

セナド広場は世界遺産の中心地。パステルカラーの建物に囲まれた大人気のスポットです。

 

3.聖ドミニコ教会

聖ドミニコ教会は、先ほどのセナド広場の近くにあります。鮮やかなレモンイエローの建物はインスタ映え間違いなしですね。

 

4.モンテの砦

モンテの砦は聖ポール天主堂跡から近い場所にあります。

マカオのランドマーク「グランド・リスボア」に向けられた大砲がある場所が一番の写真スポットです。

 

5.媽閣廟(マーコミュウ)

媽閣廟(マーコミュウ)はマカオのパワースポット。世界遺産の中でも、中国の文化を感じられる場所の一つです。

有名どころを5つピックアップしましたが、これら以外にあと25ヶ所もあります!
とにかく建物がカラフルですので、ちらっと見るだけでも楽しいですよ。
残りも知りたい!という方は是非、30ヶ所をまとめている記事をご覧ください!

回る順番や注意点、休憩で食べたい牛乳プリンの情報などをまとめています。

1日で制覇できる!マカオの世界遺産30カ所まとめ。

 

ポイントその2:中国なのにポルトガル!?マカオのグルメは星3つです!

歴史的な背景もあり、マカオにはポルトガルの文化が色濃く残っています。
建物や街並みもヨーロピアンですが、食文化に関しても同じで、マカオにはポルトガル料理のお店が数多くあります。

日本ではあまり馴染みのないポルトガル料理ですが、ガーリックシュリンプ、タコのマリネ、バカリャウ(塩漬けの干しタラ)のコロッケなど、シーフードを中心とした料理は日本人の好みにマッチしています!

肉系ではアフリカンチキンという、スパイスとココナッツを合わせて料理する鶏料理が代表的です。
中華料理も良いですが、せっかくマカオに行くのであればポルトガル料理を楽しんでみてください!

おすすめのお店を2つご紹介します!

ディナーにおすすめのポルトガル料理レストラン

  1. アントニオ
  2. Toca 小窩

1.アントニオ

マカオでポルトガル料理といえば「アントニオ」が定番です。ミシュランの星を獲得していることもありガイドブックにも載っています。

アフリカンチキンは必ず食べていただきたい一品です!

バカリャウのコロッケも美味しい!

 

2.Toca 小窩

Toca 小窩は、オシャレな内装で隠れ家的なお店。でも料理は本格的です!

タコのマリネ。さっぱり系は暑いマカオにぴったり!

がっつりいくならシーフードライスがおすすめですよ!

まずはビールで乾杯!

2杯目はサングリアでもう一度乾杯しましょう!

紹介した2つのお店について、もう少し詳しく知りたい方は下のリンクから記事をチェックしてみてくださいね!
実際にオーダーした料理や、お店の情報(営業時間や地図)などを載せていますよ。
▶︎「アントニオ」の記事はこちら
▶︎「Toca 小窩」の記事はこちら

 

ポイントその3:圧倒的!コタイ地区のホテルがやばすぎる!

マカオは3つの島(マカオ半島・タイパ島・コロアン島)で構成されています。
タイパ島とコロアン島の間を埋め立てた場所には、コタイ地区というエリアがあります。このコタイ地区には、世界的にも有名なホテルが密集しており、その迫力は圧倒的です!

数々のホテルは大きさ・外観・内観と日本のホテルとはスケール感がまるで違います。まるでラスベガズです。
言うまでもなく、マカオのホテルは宿泊するだけではありません。
複合施設になっているホテルも多く、ショッピング・レストラン・ショー・カジノと、ホテルで遊ぶだけでも1日では足りないくらいに充実しています。

もし旅行中に雨が降ってしまっても「やることがない」という状態にはなりません。
そんな時はホテルに行って遊びましょう!

おすすめのホテル・施設を5つご紹介します!

おすすめのホテル・施設

  1. ザ・パリジャン・マカオ
  2. ザ・ヴェネチアン・マカオ
  3. シティ・オブ・ドリームズ
  4. ギャラクシー・マカオ
  5. ウィンパレス・コタイ

1.ザ・パリジャン・マカオ

1/10スケールのエッフェル塔が立っている超人気ホテル「ザ・パリジャン・マカオ」です。

ホテル内は、パリをイメージした内装で施され、ショッピングモールやショー、カジノも人気のホテルです。

エッフェル塔には展望台があり、登ることができます。
コタイ地区のホテルが一望できるので、おすすめです!

パリジャンに関するおすすめ記事

▶︎キャバレー!?パリジャン・マカオのショーを見てきました!
▶︎豪華な景色!パリジャン・マカオにあるエッフェル塔の展望デッキに登ってきました!
▶︎360°カメラで見る!「パリジャンホテル」の豪華すぎるエントランス

 

2.ザ・ヴェネチアン・マカオ

こちらはヴェネチアがテーマのホテル「ザ・ヴェネチアン・マカオ」です。

一番の目玉は、ベニスの街を再現した空間です。驚くことに、ここはホテルの中です。

このレベルのホテルがコタイ地区には大量にあります!

 

3.シティ・オブ・ドリームズ

「シティ・オブ・ドリームズ」はコタイ地区を代表するエンターテインメント施設です。

  • グランドハイアット
  • ヌーワ(元クラウンタワーズ)
  • ザ・カウントダウン(元ハードロック)
  • モーフィアス

この4つのホテルと、カジノが2つもあります。

コタイ地区の中でもひときわ存在感を放っています!

こんなアーチができていました。行くたびに進化しています!
▶︎シティオブドリームが色々変わってた。

 

4.ギャラクシー・マカオ

黄金に輝くギャラクシーマカオも要チェックです。

  • ホテルオークラ
  • バイヤンツリー
  • ブロードウェイマカオ
  • ギャラクシー
  • リッツカールトン
  • JWマリオット

の6つの有名なホテルで構成されています。

宿泊するとプールが楽しめますよ!
▶︎Galaxy Macauが豪華すぎる。流れるプールと砂浜があるホテルが凄い!

女子は必見!?バンヤンツリーのバーラウンジ「ベロン」は要チェックです!
▶︎ベロン バンヤンツリー マカオがオシャレすぎ、可愛すぎ。サンセットアワーにはピアノ演奏もあり!

 

5.ウィンパレス・コタイ

ウィンパレス・コタイは、なんといっても噴水ショー。
ホテルをバックに、映画オーシャンズ11のラストシーンのような写真がとれるはずです。

ホテルの中に入れば数々の美術品があり、

こんなに豪華なスターバックスもあります。

そしてトイレはこんな感じです。

マカオ・コタイ地区のホテル、やばいですよね!
日本では考えられないような個性的でゴージャスなホテルばかり。
マカオ半島側にも「グランド・リスボア」をはじめとする豪華なホテルはたくさんありますよ!

ちなみに、マカオのホテルは宿泊費が意外と安いんです!
日本のビジネスホテルに泊まる費用感で、5つ星のホテルも予約できることもあります。
記念日なんかで豪華なホテルに泊まりたいって人にはマカオ旅行を強くおすすめしますよ!
▶︎マカオ旅行っていくら必要?3泊4日の旅費を教えます!
▶︎超豪華!マカオの5つ星ホテル「フォーシーズンズ」のお部屋レビュー。

 

おまけ.モーフィアス

コタイ地区の中で一際目を引くデザインのホテルがあります。先ほどご紹介したシティ・オブ・ドリームズのホテルの一つ、モーフィアスです。

ザハ・ハディド氏がデザインを手がけたこのホテル。外観・内観ともに圧巻のデザインです!
▶︎マカオで泊まってみたいホテル「モーフィアス」を見てきた!

 

ポイントその4:水とダンシング!?マカオのショーは必見です!

公式サイトより引用

マカオに訪れた際には必ず見ていただきたいショーが「水舞間 ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター」です。
シティ・オブ・ドリームズという大型の複合施設の中で上演されているんですが、このショーは絶対におすすめします!

マカオでショーはたくさん見れますが、本当にこれだけは特別です。
水を舞台としたステージに超大型の装置。次々に繰り出されるパフォーマンスはもう圧巻です!

チケットは公式サイトから予約できます。
公式サイトでの予約(購入)方法を下の記事にまとめていますので、もし興味があればチェックしてみてください!
▶︎水舞間 ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーターの予約方法を解説

ちなみに!KKdayというサイトなら割と簡単に予約できて便利です!
▶︎KKdayのチケット予約ページ

 

ポイントその5:自販機で買える!?マカオのお土産が進化している!

旅行にお土産はつきものですよね。会社の同僚や家族・友達・恋人、はたまた自分へ。
渡す相手によって変えたいところでもあり、意外と悩みますよね。

例えば会社の人にはお菓子やお茶なんかの「「ばらまき土産」」が良いですよね。
そういうときはスーパーがおすすめです!
▶︎マカオのスーパーで買えるおすすめお土産。

ぶっちゃけ肝心なのは、友達や恋人にあげるような可愛くてセンスの良いお土産ですよね!

なんと、自動販売機で買えます。

最近、この可愛い「お土産自動販売機」が、突如として空港やホテルにポツポツと現れました。
販売元はMEEET MACAU 遊覓というところ。
世界遺産などをモチーフにしたデザイン性の高いグッズがお店に行かなくとも買えちゃいます!

見つけたら是非チェックしてみてくださいね!

お土産なら他にも、おしゃれな缶詰屋さんや、

LOJA DAS CONSERVAS – 缶詰屋さん

缶詰のパッケージが可愛い。

おしゃれな雑貨屋さんなどもありますよ!

o-moon – 雑貨屋さん

可愛いコースターはアズレージョのデザインがGood。大切な人への贈り物に!

より調べてみたい方はこちらの記事がおすすめです!

マカオのオシャレなお土産が買えるオススメのお店3選!

 

ポイントその6:パリピ天国!マカオの夜は長い!

マカオにはバーやクラブなどのナイトスポットもたくさんあります。せっかくの旅行です。友達と朝まで飲んだり踊ったりしたいですよね!
マカオは日中暑いのですが、夜は別の意味で熱い。クラブではイベントなども要チェックです!

おすすめのバーとクラブをご紹介します!

マカオでおすすめのバー「SKY21」

間違いなくおすすめするバー「SKY21」は、このサイトでも度々ご紹介しています!

お店はマカオ半島側にあるAIAタワーの21階にあります。

ギラギラとしたマカオの夜景を眺めながらたくさんの種類のドリンクが飲めるので最高ですよ!
筆者はマカオに着いた夜に必ず行きます!

シーシャ(水タバコ)も吸えますよ!
▶︎リピートしてリピートする「Sky21」でまた飲んで来た。

 

マカオでおすすめのクラブ「Cubic(キュービック)」

まだまだ寝たくないよ!って人には、マカオ最大級のクラブ「Cubic(キュービック)」へ行ってみることをおすすめします!

場所はシティ・オブ・ドリームズの2階にあります。客層は若く、マカオ以外からの観光客が多かった印象。
一晩中盛り上がっているホットスポットです!
▶︎マカオの夜はクラブに行こう!「Club Cubic」に行ってみた。

 

おすすめポイントその7:さすが世界一!マカオのカジノは熱気が凄い!

マカオのカジノ市場規模は、なんと世界一らしいです!あのラスベガスをも上回っているそうです。
皆さんはカジノで遊んでみたことありますか?筆者はマカオがカジノ初体験の場所でした。
初めてということもありドキドキもしましたし、会場の熱気にとにかく度肝抜かれました。

マカオでカジノは合法です。人生で一度は遊んでみても良いですよね!
ちなみにシンガポールでもカジノに行ってみたことがありますが、マカオの方が盛り上がりが凄かったです。

超広大なフロアにゲームテーブルがとにかく大量にあります!是非、日本では味わえない空気感を体験してみてください!

カジノにはルールがいくつかあります。
▶︎マカオのカジノに行く前に知っておきたい基礎知識。

初体験の記事はこちらです。
▶︎マカオでカジノ初体験!素人が「大小」で勝ってしまった話。

 

おすすめポイントその8:止まらない!インスタ映えが止まらない!

今や「インスタ映え」は旅行に行く上でめっちゃ気になるポイントですよね!

マカオはとにかくインスタスポットがたくさんあります!
ホテルに行けば豪華絢爛なエントランスがあり、外観は夜になるとライトアップされて雰囲気がでますし、世界遺産は可愛い色の建物ばかり。

そういえば、良い写真には良い背景が必要ですよね。
マカオの建物はポップで可愛いので、使える背景を探してカラフルな写真をいっぱい集めても良いかもしれませんよ!

カラフルな建物があるスポットを5つご紹介します。

マカオのインスタスポット

  1. 恋愛巷(戀愛巷)
  2. タイパハウスミュージアム
  3. ドンペドロ5世劇場
  4. 仁慈堂婆仔屋(ラザロ地区)
  5. 民政総署大楼

1.恋愛巷(戀愛巷)

恋愛港はマカオの建物の中でも最も人気の撮影スポットではないでしょうか。
ピンクとイエローに塗られた建物の間から世界遺産「聖ポール天主堂跡」が見えるのがポイントです!

ガイドブックの表紙にもなっていますよね。絶対に行くべきスポットです!

 

2.タイパ・ハウス・ミュージアム

鮮やかなミントグリーンのタイパ・ハウス・ミュージアムでもポップな写真が撮れるはず!
タイパビレッジから歩いて行きましょう!
▶︎マカオの観光地!官也街(タイパビレッジ)のメインストリートはこんな所。

 

3.ドン・ペドロ5世劇場

世界遺産のひとつ「ドン・ペドロ5世劇場」もポップなグリーン系の建物。

 

4.仁慈堂婆仔屋(ラザロ地区)

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

ラザロ地区はポルトガル文化が色濃く残る建物がたくさんあるエリアです。
中でも目立つのがこの「仁慈堂婆仔屋」です。建物の中には、ギャラリーやショップなどがありますよ!

 

5.民政総署大楼

民政総署大楼も世界遺産のひとつです。セナド広場の向かい側にあります。
壁にアズレージョのタイルが貼ってありますので、背景として使えそうですよね!

 

おまけ.夜のセナド広場

セナド広場は夜になるとライトアップされて、また違った雰囲気に包まれます。
昼間も良いですが、夜に訪れるとキラキラした写真が撮れるはずです!

 

まとめ

マカオに行く前に知っておくとより楽しみになるポイントをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
旅行先としてはまだ知られていない国かもしれませんが、これからどんどん認知度が高まってくる予感がしています!

今度のお休みはマカオへ行きましょう!!!

1度訪れたら、必ずやみつきになるはずです!

ホテル予約はBooking.comがオススメ


現地のホテル予約はBooking.comが便利でした。予約はスマートフォンからも可能で、現地では予約完了画面を見せるだけで宿泊ができました。英語が苦手な方でも問題なく宿泊予約が可能です。

▶︎ブッキングドットコム公式サイト
スポンサードリンク

Facebookでコメント