マカオ旅行でちょっと使える会話集。〜広東語編〜

シェアする

マカオの公用語は中国語(広東語)とポルトガル語です。

日本では、どちらも馴染みがなくさっぱりわかりませんね。

マカオでの旅行中に突然広東語で話しかけられた時、筆者は毎回「コトバワカリマセン(ニコッ。)」と反応してしまいます…

しかし、とっさのお礼や挨拶ぐらいは言っても損にはなりませんので、今後の為にマカオ旅行でちょっと使える会話をシーン毎に簡単にまとめてみました。

スポンサーリンク
広告 336×280




日常の挨拶・お礼

・はい

⇒「係(ハイ)」

・いいえ

⇒「唔係(ンハイ)」

・おはよう(午前中の挨拶)

⇒「早晨(ジョウサン)

・こんにちは

⇒「你好(ネイホウ)」HelloでもOK

・ありがとう(なにかしてもらった時、軽いお礼の時など)

⇒「唔該(ムゴイ)」

※「唔該」はExcuse me的な意味でも使われます。

・ありがとう(物をもらった時など)

⇒「多謝(ドーチェ)」

・どういたしまして(ありがとうの返し言葉)

「唔該(ムゴイ)」と言われた時は、

⇒「唔使唔該(ムサイムゴイ)」

「多謝(ドーチェ)」と言われた時は、

⇒「唔使多謝(ムサイドーチェ)」

どちらかのあたまに「唔使(ムサイ)」を付けます。

・ごめんなさい(ぶつかったとき、軽い謝罪の時など)

⇒「唔好意思(ムホウイーシー)」

・ごめんなさい(あきらかに自分に非がある時など)

⇒「對唔住(ドイムジュー)」

※「ごめんなさい」を使うときは基本的にSorryでもOKです。

・さようならBey BeyでもOKです。)

⇒「再見(ジョイギン)」

レストラン・お会計

・何名様ですか?(店員さんに聞かれます)

⇒「請問幾位?(ツェンマンゲイワイ)」

・おいしい

⇒「好食(ホウセック)」

・お会計

⇒「唔該、埋単(ムゴイ、マイダン)」

「 唔該(ムゴイ)」をあたまに付けましょう。

・これをください(メニューを指差して)

⇒「唔該、要呢個(ムゴイ、イウニーゴ)」

・もう一杯ください(コップやグラスなど)

⇒「俾多、一杯(ベイドウ、ヤッブイ)」

・結構です(料理を進められた時など、No Thank you的な意味で)

⇒「唔使啦、唔該(ムサイラー、ムゴイ)」

タクシー

・〜へ行ってください

⇒「唔該、去 〜(ムゴイ、ホイ 〜)」

・ここへ行ってください(紙に書いた行き先を見せながら)

⇒「唔該、去呢度(ムゴイ、ホイニードー)」

・ここで降ります

⇒「呢度落(ニードーロッ)」

買い物

・これをください(ものを指差して)

⇒「唔該、要呢個啦(ムゴイ、イウニーゴーラー)」

・これはいくらですか?

⇒「呢個幾多錢呀?(ニーゴーゲイドーチンアー)」

トラブル・その他

・助けて!

⇒「救命呀!(ガウメンアー!)」

・トイレはどこですか?

⇒「洗手間係邊度呀(サイサウガーンハイビンドウア)」

・警察を呼んでください

⇒「叫警察(ギウゲンツァーッ)」

・私は広東語が話せません

⇒「我唔識講広東語(オームセッゴンゴンドンワー)」

・マジ!?

⇒「真係!?(ジャンハイ!?)」

マカオ旅行を少しでも楽しくする為に、次回から実践してみたいと思います。

会話集は随時追加、更新していきます。

スポンサーリンク
広告 336×280




広告 336×280




シェアする