マカオでLTE/4Gのプリペイドsimを使おう! – iPhone X

シェアする

海外でデータ通信を行う際は日本でwifiをレンタルするか、現地でプリペイドsimを利用する場合が多いと思います。
実際のところwifiを持ち歩くよりも自分のスマートフォンで通信が出来た方が便利です。

今回はプリペイドsimをiPhoneで利用したので購入と設定方法をお伝えします。

Andoroidでの使用方法はこちら

マカオのsimカードで4G体験!約1,500円で快適な旅行を手に入れろ!
マカオのsimカードで4G体験!約1,500円で快適な旅行を手に入れろ!
スポンサーリンク
MPレクタングル広告(大)

キャリアはCTM澳門電訊

日本でいうドコモの様なもので、安心して利用できます。

CTMで購入できるsimは数種類あるので用途によって購入するものを選んでください。

マカオ空港で購入

私は飛行機が早着したのでカウンターにて購入することができましたが友人はカウンターで購入することができませんでした。

カウンターが閉まっている場合は自動販売機でsimカードを購入してください。

私がカウンターで購入する理由は2つあります。

  1. カウンターのスタッフが全て設定をしてくれる。
  2. マカオ航空を利用した場合、割引がある。

カウンターで購入すれば何もしなくて良いし、マカオ航空の搭乗券を提示すれば15%割引をしてくれます。カウンターでの購入1択ですね。
割引に関しては対象期間がありますので、ご自身にてマカオ航空ホームページをご確認ください。

100MOP/3Daysを購入

今回、香港や中国には行かないのでマカオのみで使用可能なsimを購入しました。

内容

  • 3日間のデータ通信
  • 55分間の無料通話
  • CTMの無料WiFiスポット利用(香港でも使用可)

空港での購入場所

カウンター

マカオ空港の到着口を出て右の端(10:00~19:00)

自動販売機

マカオ空港の到着口を出て右

simフリーのiPhoneを準備

もちろんiPhoneでなくて良いです。simカードが利用できるスマートフォン、またはタブレットなどを用意してください。

対応周波数帯域なるものがある様です。基本的にdocomo、またはsoftbankのsimフリー端末(SIMロック解除)であれば問題ない様です。

動作確認済み端末(SIMフリー)

  • Xperia Z(docomo)
  • Xperia XZ(docomo)
  • iPhone X (Apple store)

設定方法

simカードをセット

CTMプリペイドsimは任意のサイズで切り取れるので全てのサイズに対応しています。
日本のsimを取り出す場合は無くさない様に注意しましょう。日本で再発行するハメになります。

APN設定

iPhoneの場合、APN設定は自動でしてくれるので設定の必要がありません。

仮に必要になった場合は下記の方法で設定をしてください。

設定が必要な場合

  • iPhone の場合:「設定」>「モバイル通信」>「モバイルデータ通信ネットワーク」の順に選択し、「設定をリセット」をタップします。

アクティベート

今回は3日間プランを利用します。アクティベートの為「#163*1#」に電話をかけます。

下記の様なsmsを受信すれば設定完了です。

マカオでのデータ通信が可能になります。

最後に。

マカオでプリペイドsimを使用すると1400円程度でデータ通信が可能になります。4G/LTEなので通信スピードも早いです。

日本でwifiレンタルなどを使用した場合、機関により変動はしますが5000〜6000円ほど必要になります。

4000円弱もの金額に差が出てくるので、次回のマカオ旅行はプリペイドsimの利用を検討してみてはいかがでしょう?

関連記事はこちら

▷マカオのsimカードで4G体験! – Android

▷超簡単!!マカオでの移動はバスを使おう。

▷俺たちのマカオ旅!

▷初めてのマカオ旅行者必見!!基本情報・予算・観光地・グルメ・お土産まとめ!

スポンサーリンク
MPレクタングル広告(大)
MPレクタングル広告(大)

シェアする