コンパクトで観光しやすい!マカオの地理について。

シェアする

マカオは面積が小さくコンパクトな国であることはご存知でしょうか?

土地の端から端まで約11km、面積は約30k㎡ですので、マカオを単純に一周するだけであれば1日で可能です。

そんなマカオの土地についてお伝えします。

マカオの基本情報についてはこちらをCheck!!

スポンサーリンク
広告 336×280




3つの主要都市

マカオ半島、タイパ島、コロアネ島の3つの島で構成されています。

タイパ島とコロアネ島の間を埋め立てた場所はコタイ地区と呼ばれています。

中国の珠海と隣接しており中国へのアクセスにも便利です。

気候

マカオは湿度が非常に高く、雨が多い国です。

湿度が高い月は3月〜5月です。

1年の平均気温は22度を超え非常に暖かい国でもあります。

マカオ国際空港

タイパ側にあるマカオ国際空港。マカオの中心にありホテルへのアクセスも便利な空港の一つです。

ホテルへの移動はシャトルバスが無料で空港から出ています。ホテルによってはシャトルバスが出ていない場合もあるので事前に調べておきましょう。

タクシーでの移動も安いのでオススメです。空港の到着ゲートの目の前にタクシー乗り場があります。

マカオのタクシーは親切で安いので怖がらずに乗ってみてください。

空港からマカオ半島まで約20分ほどで25パタカぐらいです。

マカオ国際空港についてはこちらをCheck!!

最後に

マカオは非常に小さく、観光がしやすい国です。

旅行前に計画を立てれば沢山の場所を観光することできます。

スポンサーリンク
広告 336×280




広告 336×280




シェアする