オーストラリア出身のカジノと歴史好き。 トーマスが思うマカオについて

オーストラリア出身のカジノと歴史好き。 トーマスが思うマカオについて

どうすればみんなにマカオの事を知ってもらえるんだろう。マカオ好きにインタビューをすれば、マカオの魅力を知ってもらえるんじゃないか。そう思ってインタビューを企画・実施してみました。

今回はオーストラリア・シドニー出身の タケザワ トーマス にマカオの魅力について聞いてみました。

▶︎YouTube動画で見る!

スポンサードリンク

トーマスについて

ーー自己紹介をお願いします。

タケザワ トーマスと言います。オーストリア出身で、今は日本の福岡に住んでいます。
マカオには数回行った事があり、本当に大好きなところです。

なぜマカオに行こうと思った?

ーーマカオに行こうと思ったきっかけは?

初めてマカオに行ったのは奥さんと香港に行ったとき。奥さんに「マカオに行ってみませんか?」って誘われて、行ってみようと軽い気持ちで行った。でも、あんまりイメージなくて期待もしてなかった。自分がカジノとかマカオみたいなところが好きなことを知っていて誘ってくれたみたい。

行ってみたら、こんなにマカオのことを好きになるとは思ってなかった。今は本当に一番好きなところと言っても過言では無いかなと思う。

カジノと歴史が好き

ーーマカオの好きなところは?

スケールの大きさ。僕はカジノが好きでシドニーのカジノで働いたこともあるけど、マカオのカジノは大きい。ベガスを超えて世界最大のカジノ街。オーストラリアや韓国よりも大きくて楽しい。

個人的に歴史も好き。マカオは凄くユニークなところだと思っていて、ポルトガルの植民地時代の影響と中国の影響もあって面白い。食事が美味しいし、世界遺産も多く、すごく面白いところだなと思う。急激に成長している国だという意味でも好き。

ーーマカオの凄いところは?

カジノのスケールが凄い。日本にはマカオのホテルのようなスケールの大きい建物はないと思う。

食事も凄い。有名なエッグタルトやマカオの中華も美味しい。個人的にキムチ以上に辛いものは苦手だが、マカオの中華は食べやすくて美味しい。

香港に近くて日帰りで行けるのもいい。世界遺産が多いのも凄いよね。

絶対に行って欲しい世界遺産

ーー絶対に行った方がいい世界遺産は?

セナド広場聖ドミニコ教会。マカオの街並みは昔のヨーロッパみたいなのに、看板が全て中国語なとこが面白い。聖ドミニコ教会は黄色い教会で、本当に綺麗。みんなに行って欲しい。

観光はしやすい?

ーー治安はどう?

治安はいい。福岡の治安と変わらないと思う。特にカジノがあるからセキュリティーはすごい。犯罪にあった事ないし安全だと思う。

ーーコミュニケーションについてはどう?観光しやすい?

英語が話せる人は問題ない。英語が話せなくても観光客が多いので、スタッフは接客に慣れている。ボディーランゲッジで通じるし、レストランは日本みたいに写真があるから「これください」って言えばいい。看板はいろんな言語で街中に結構ある。中国語、英語は当たり前にあって、日本人は漢字でわかると思う。

実際、英語が全く話せないホストファミリーのお父さんとマカオに行ったが問題なかった。レストランに行ったら自分で頼んでたし。スマホ時代でスマホで調べたら行きたいところ行ける。日本語が話せるスタッフもいるから、お願いすれば日本語を話せるスタッフを連れてきてくれることもあるから問題ないと思う。

ーーマカオの美味しかった食べ物はある?

美味しいものは山ほどあった。エッグタルトやポークチョップバーガー、中華のバオズ(肉まん)は美味しかった。

一番印象的なのが鳩。マカオでは鳩が食べれて意外と美味しい。見た目も綺麗だった。中国で食べられる物はほとんどある。しかも観光地で外国人が食べやすいようにしてるから、食事は美味しかった。

マカオに行って欲しい人はどんな人?

ーーどんな人にマカオに行って欲しい?

日本で体験できないようなことをしてみたいと思っている人にマカオに行って欲しい。今まで日本人の友達、奥さん、ホストファミリーのお父さんとマカオに行った。3人とも性格が違うけど、「またマカオに行きたい」と言ってる。

マカオは家族でも、どんな人にでもオススメの場所。みんなに行って欲しい。マカオは日本から近いから、是非みんなに行ってみて欲しい。

 

この記事を読んだ方には、こちらもおすすめです。
・マカオの世界遺産で必ず行くべき場所4選!

 

ホテル予約はBooking.comがオススメ


現地のホテル予約はBooking.comが便利でした。予約はスマートフォンからも可能で、現地では予約完了画面を見せるだけで宿泊ができました。英語が苦手な方でも問題なく宿泊予約が可能です。

▶︎ブッキングドットコム公式サイト
スポンサードリンク

Facebookでコメント